展覧会

2月の北海道は冬の中でも最も寒い時期になります。雪も多く、気温は札幌市内でもプラスになることが殆どありません。そんな極寒の中、母ちゃんは何を思うんだろう?

ライン

2月 如月

写真はクリックすると拡大して見ることが出来ます。

今は鬼も福よ

年末大荒れに荒れ狂った雪も、今年に入ってからどうしたものかさっぱり降らず、国道は夏状態です。おかげで私が仕事に行くには大変いいです。

仕事の方も大分慣れ、楽しんでしています。先日は久しぶりに元気の様子を知り安心しました。

風邪に注意!

★時々は電話をしたりもしているのだが、普段の仕事の忙しさについついそれも数が減り・・・。たまに電話すると、安心してくれているようだ。

ライン
あなたの温かい人事がどんなに心の安らぎになるでしょう

雪が無いといっていたのも束の間。ここ2〜3日は雪が降り続いています。ヒロシは風邪ひかずに元気でいますか?

母ちゃんはいつもうるさい事を言ったり、書いたりしてくると思わずに心にとめておいて欲しいと思います。親の意見と冷酒は後から効くと言いますよ。

★母ちゃんは若い頃から、ずっと外で働く人だったので、ボクが社会人になっても、小言が絶えなかった。ホレ遅刻するなよ!とか、ホレ目上のものを大事にしないさい!とか。最近は年をとったせいもあって、あまり言わなくなったけど。

ライン
春だものジャガイモだって芽がでるよ

心身共に元気ですか?先日みぞれ交じりの雨が降りました。2月だというのに珍しいこともあるものです。

春が近いといっても、まだまだ冬。厳しい冬が過ぎ、厳しさを知っているから、春の暖かさが本当にありがたくまた、心うきうきと幸福に感じるものです。人の人生と同じと、この年になって、つくづく思います。

★何故か、この頃の母ちゃんは人として、人生を考えるようになったようだった。ぉぃぉぃ。もうちょっと若いうちに考えても良くないか?(笑)

ライン
かもめもたまご 初めて食べた かんどう かんげき あめあられ おいしい!!

今日も一日お疲れさま。先日は久しぶりに元気な声を聞き、頑張っているなぁーとホッとしました。そして心身ともに安泰でいるとわかります。

心労が一番つらいです、こっちに帰ってきて、いろいろな意味で楽をしています。今年は大雪でどこも大変といっていますが、こちらは実感がありません。部屋の中も暖かく、日中は暖房を切っている状態です。

雪まつりも開催され、雪も春の雪のように、ゆったりふんわりと、優しく降ったりやんだり・・・。

★この頃、母ちゃんは近所の姉さんの家から、父ちゃんのいる家に戻ったのだ。母ちゃんの姉さんの具合が悪かったりした時期だったんだなぁ〜。

★そうそう。この絵手紙の「かもめのたまご」というお菓子は、母ちゃんの大好物らしい。
60歳過ぎて初めて食べたんだそうだ。えらい感激してたよ(笑)

ライン
がんばってるね りっぱだよ。

2月も中旬を過ぎたら、札幌もすっかり日の光が春です。今日も朝からスッキリと晴れ渡り青空。

先日の電話の声で安心しました。心に安堵感が出たのでしょうね。声にも張りがありました。いつも穏やかでいたいと思っていても、生きている以上はそうはいかないのが人間ですね。

胸の内、心は見えない、聞こえない、言っても伝えても、自分は思っている感じている1/10も理解して貰えないのは悲しいというか、空しいというか、母ちゃんもそういうときがありました。ヒロシも頑張って下さい。

★この頃、会社の上司と合わなくて、母ちゃんに愚痴ってたんだなぁ〜(笑)この頃は母ちゃんに心配かけたなぁ〜(汗)

MENU

Copyright (C) 2008 絵手紙と母ちゃん. All Rights Reserved.